FC2ブログ
幼児教室オーナーの、日々の出来事や気づきを公開
page top
おひさま11月号
おひさま2008年11月号No.71

自分にとって特別な存在であることを認める「お前だけ」は,最高の褒め言葉になる。
人間に対しては扁桃核が快になり,「この人のためなら」という気持ちになってしまうのだ。

小出監督が高橋尚子選手に,「Qちゃんは凄い。世界一になれるよ」
と言い続けた話はよく知られているが,これも最上級のマインドコントロールになっている。

このように上の人から認められるとIRA(本能反射領域)が肯定になり,
素直に能力を発揮しはじめる。


師にも2つの種類がある。

ひとつは,自分が勝手に「この人は自分の師だ」と思っている師。
上司を自分の師にしたり,有名な成功者を目標にしたり,
また本で読んだ偉人の言葉を人生の道しるべとするのは,このタイプの師になる。

こういう師を持つかどうかで,人の一生は大きく違ってくる。
しかしそれよりも,さらに協力な師がいる。

「お前は俺の弟子だ」と,弟子であることを認めてくれる師だ。

「お前けだけ」「Qちゃんは凄いよ」
という言葉の魔法の源泉もそこにあり,上の人間から承認されることは,
私たちの心にとって最高の喜びであり,これを言われると,
私たちの脳は何が何でもその期待に応えようとしはじめる。

そんな師を持つことのできた人間は,それが持てなかった人間と比べ,
どれほど幸せかわからない。
成すべきことが明確になり,人生の目的が見えてくる。
自分一人で探している時にはなかなか見つからない生き甲斐や,
生きる意味も,その師がヒントを与えてくれる。


「私には,お前だけといってくれる人がいない。とても出会えそうにない。」
そんなふうに嘆く必要はない。

実は誰もが,「お前だけ」「お前は凄いよ。世界一だよ。」と言ってくれる師を持っている。

それがなにを隠そう母親である。

一人の例外もなく持っている人生最初の師であり,
死ぬまで「お前だけ」と言い続けてくれる最高の師だ。
実際お母親は亡くなっていても,IRAの中にいる母は,常に「お前だけ」と言い続けている。
あるいは,そう言われたい,そう言ってほしいと,私たちは死ぬまで望み続ける。

世の中の成功者を調べてみると,驚くほどマザコン人間が多い。
エジソンや野口英世が飛びぬけたマザコンだったことはよく知られているが,
たいていの成功者は,「母を幸せにしたい」「母に喜んでもらいたい」という思いを秘めていた。

潜在意識のレベルでいえば,「お母さんに愛されたい」「お母さんに認められたい」という,
子どもの頃の願望がひそかに息づいていると言ってもいい。
その願望が,がむしゃらになって物事に打ち込むエネルギーの源となっているケースが
圧倒的に多いのだ。


皆さんの心にも,間違いなく「母を幸せにしたい」「母に喜んでもらいたい」という思いがある。

・あなたが努力しているのは,お母さんを幸せにしたいからだ
・あなたが成功したいと思うのは,お母さんに喜んでもらいたいからだ
・あなたが「いい女」を求めるのは,その女性を通して,
「お前だけ」というお母さんの言葉を聞きたいからだ


私たちには,母という素晴らしい人生の師がある。

そのことに気づくだけでも,私たちの脳は肯定的になり,
人生や生き方が大きく変わる可能性がある。
         
( 人生の目的が見つかる魔法の杖 西田文郎著より )


私たちは常々,子どもたちには,この高橋選手の様に,
“人生の師“と出会える人であってほしい,と願っています。

しかし,“師”は一番身近にいたのですね。



*** 10月の達人!! *************************

♪四字熟語50音暗唱   H.Oくん  K.Kくん
♪一茶の俳句100句暗唱   E.Nちゃん 

                        すごい!すごい! おめでとうございます!!



スポンサーサイト




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 教室天国日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG