FC2ブログ
幼児教室オーナーの、日々の出来事や気づきを公開
page top
おひさま9月号
おひさま9月号No.69

大雨の日があったり、蒸し暑いお天気の日があったりと、
天候の不安定な日が続いていますが、体調管理はしっかりできていますでしょうか?
湿気や熱気でだるかったり、忙しくて疲労がたまったり、寝不足だったりしまいがちですね。
そこでおすすめなのが、「昼寝」です。

「昼寝はしたいけど、忙しいし、時間ながなくて無理!」な方も、
「たった15分!プチ昼寝」ならいかがでしょうか?
なぜなら、「昼寝」にはものすごい効果があるのです。

「昼寝パワー」は、3つあります。
①事故防止
②能率アップ
③病気の予防


一つ目は事故防止です。

人の眠気のリズムは半日リズムで 2つ山があります。
大きい山が午前2時~4時、小さい山が午後1時~4時です。
実はこれは、交通事故や工場でのミスが多発する時間と一致しているのです。
眠気を我慢することは、いねむり運転など例もあるように、命に関わることにもなりかねません。
昼寝をすることで、眠気が消え、うっかりミスや事故など防ぐ効果があります。

二つ目は、作業・仕事・学習などの能率アップです。

労働省産業医学総合研究所の調査では、20・30歳代の男女30人を
「昼食後15分の仮眠」と「昼食後45分の仮眠」、「睡眠なし」の3グループに分け、
一定時間に英文を書き写すテストをしたところ、刺激に脳が一番速く反応し、
またテストでミスが少なかったのは、「15分仮眠」のグループでした。

また、大学医学部の教授らが高校生約1000人に対して40日かけて行った調査では、
昼休みの45分のうち15分のうち昼寝をした生徒は、昼寝をしなかった生徒よりも、
「授業に集中できる」「勉強の能率があがった」「成績がアップした」
と答えた数が多い結果となりました。
つまり昼寝をすると、頭がよく働き、成績もアップする可能性が高いのです。

そして三つ目は、病気の予防です。

「睡眠不足」自体が、病気の発症に大きく関わっているのです。
中高年自殺者の予防対策には、うつ病の早期発見・治療よりも
不眠の改善に力を入れたほうが効果的といわれています。

また、国立精神神経センターの研究によると、習慣的に30分以内の睡眠をとっている人は、
睡眠の習慣がない人に比べて、将来アルツハイマーにかかる危険性が、
三分の一に減ったそうです。

さらに、昼寝をすると、疲れが回復し、活動量が増えるため、太りにくなるそうです。
美容にも良いのですね。


効果的な昼寝のポイントです。

①午後2時までに済ませる
②時間は15~20分
③カフェインを摂って寝る

昼寝は「怠慢」ではありません。
自分の意志である程度の時間を「回復」にあてているのです。
これからの時間を有効に活用するための積極的な行動です。

赤ちゃんや幼児にお昼寝が必要なように、大人の体も睡眠を求めています。
お子さんの昼寝のときに一緒に、幼稚園のお迎え前に、
仕事されている方はお昼休みにデスクの上で、
「15分プチ昼寝」。・・・おすすめです。



♪♪絵日記を描こう!♪♪
夏休みの思い出は絵日記に! 9月1週目に提出してください。ごほうびが待っています。

*** 8月の達人!! *************************

♪国旗120ケタ暗唱  あまねくん   こはくくん 
♪四字熟語50音暗唱  ともよしくん          おめでとうございます!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 教室天国日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG