FC2ブログ
幼児教室オーナーの、日々の出来事や気づきを公開
page top
おひさま3月号
おひさま3月号 NO.63

お水を替えるついでに、そばにおいてあったアイビーの鉢植えに水をやろうとすると、
アイビーの先に小さな小さな新しい葉っぱが育ち始めているのを見つけました。

昨年の秋以来、新しい葉っぱは見ていなかったので、とても嬉しい気持ちになると同時に、
大変な感動を覚えました。真冬の外の寒さにもかかわらず、小さな鉢植えのアイビーの命は、
もう春だと知っていて、新しい葉っぱの芽を育て始めました。

私は思わず「何でもう春だって分かるの?」と声をかけてしまいました。

温度計も外の景色もまだ真冬です。
それでも、アイビーの命は次の成長を始める時期が来た事をちゃんと知っているのです。

つくづく考えました。

人間もアイビーと同じで、子ども達は自分の伸びるべきときを知っていて、
そのときが来るのを待っているのかもしれません。
それまでに肥料を与えすぎたり、水を与えすぎたり、暖かくしすぎたり、
冷たくしすぎたりしなければ、ときが彼らを成長させてくれるのです。

親に作れるのは、ほどほどの環境です。
し過ぎることなく、ほどほどにその環境を整えていけば、
子ども達はその気質にあわせて成長していくのです。

昔、母が私に伝えてくれた彼女の感動を思い出しました。

自然はすごい!
もし私がすべての材料を与えられても、お前達のような素晴らしいものは作れない。
放っておいても毎日成長して、どんどん賢くなって、いろんなことが出来るようになって。
本当に神様はすごい。
こんなものを創って。
だから神様の創ったものにケチをつけちゃいけないね。

アイビーの葉っぱをみて母の感動を思い出しました。

それ以来娘に「部屋はきれいか?」と聞かないようにしています。
「神様、娘の部屋を片付ける才能はいつ開花するのでしょう?(もう22歳ですが)」

(ハートフルコミニュケーションマガジン2月号より)



 年長さんの取組みの中に、円周率暗唱があります。
教室では、120ケタまで暗唱し、書き出しします。

こうきくんもレッスン中、毎週20ケタづつをゆっくりとですが
自分のペースで書き出ししていました。
お母さんはそれを見守っていました。

暗唱文集も毎週暗唱していたこうきくんですが、時には、
「今日はやらない」と言ってやらない日もありました。

以前お母さんは、「やりなさい」と言ってやらせていましたそうですが、
こうきくんの「お母さんが喜ぶから勉強する」という言葉に悩み、
その時から一切言うのをやめ、彼に任すことにしました。

そして、用事で2週間お休みしていたとき、お母さんからお電話がありました。
「こうきが、円周率600ケタ書き出ししました。」
お母さんのお話だと、急に自分から「やる!」と言って1時間くらいかけて書き出したそうです。

お母さんのうれしそうな声が耳に残っています。



雑誌にチベット法王の言葉が載っていました。

「苦悩は期待心や自分のエゴから生れ、静かに何かを求めても
絶対にあとでガッカリする結果になったりする。
期待心は固定したひとつの結果だけを求めているからそれがないときに苦しむ。
でも希望はいろんな無限の可能性があるから、思っていなかった結果や、
それ以上の結果をもたらすこともある。
だから、“期待ではなく希望を持て”。」



子どもたちは、自分の伸びるときを知っている。
親はそれを信じて、期待ではなく希望を持って、待つ・見守ることが大事なんですね。



あなたの希望は何ですか?




*** 発表会のお知らせ ***************************

 来る5月18日(日)午前中に、発表会を行います。
お子さんの日ごろの成果をみなさんの前で発表しましょう!課題は後ほどお知らせいたします。
日時:5月18日(日)午前中
場所:葛飾シンフォニーヒルズ アイリスホール

**** 2月の達人! *********

♪円周率
120桁 M.Sちゃん S.Aくん  200桁 S.Iくん

600桁 K.Sくん

♪犬棒カルタ   A.Nちゃん K.Tちゃん

♪一茶俳句    E.Mくん A.Iちゃん      おめでとうございます!!
スポンサーサイト




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 教室天国日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG