FC2ブログ
幼児教室オーナーの、日々の出来事や気づきを公開
page top
おなまえかけたよ
河野省吾ブログ1河野省吾ブログ2


「先生見てください!ひとりで名前書けたんです。」
・・そう言ってしょうごくんのお母様が写真を見せてくださいました。

「こ・う・の・し・よ・う・ご」・・しょうちゃん、書いたの?上手に書けたねー。
「50音は読めるけど、特に文字書きはしていないのに、
気付いたら自分の名前を書いていたんです。書き順も正しく・・
うれしくて、主人と写真に撮ってしまいました。」

教室では、文字は「口唱法」と言って、歌を歌いながら書き順正しく書いていきます。
その取組みを4月からやってるしょうちゃん。
いつのまにかお名前が書けるようになっていました。

それにしても上手ですね。芸術作品のようです。


先日もこんなことがありました。

レッスンが終わって待合にもどってきたしょうちゃんに、聞きました。

しょうごくん、何やってきたの?

「ん~カ変!」


カ変とは、“ウルトラ カ行変格活用の歌”で、その月のフラッシュカードの歌でした。

♪こ・き・くる・くる・くれ・こい 
「来ない」・「来ます」・「来る」・「来るとき」・「来れば」・「来い」・・

と、中学で習う動詞の活用形をウルトラマンのキュラクターと共に歌っていきます。
子どもたちはこれらの歌が大好きで、あっという間に覚えてしまいます。


そうなの・・カ変のお歌歌ってきたんだ。
しょうちゃん、今日はどうやってきたの?


「あのね、“太陽系”みたいな帽子、かぶってきたの。」

んん~、太陽系みたいな帽子なんだ!


“太陽系”も月の歌でした。
水・金・地・火・木・土・天・海・・・


子どもたちはあっという間に覚え、そして生活の中でさりげなくアウトプットしています。
すごい吸収力だな、といつも関心するのでした。



スポンサーサイト




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 教室天国日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG