FC2ブログ
幼児教室オーナーの、日々の出来事や気づきを公開
page top
読んであげない

子どもたちは、本がとても大好きです。

「先生、絵本読んで!」と持ってきます。

でも、私はすぐには読んであげないのです。

3歳児クラスのEちゃんが、

「先生、読んで~」と絵本を持ってきました。


え~Eちゃん読んでよ。

「先生、読んで。読んで!」


ん~、どうしようかな・・。Eちゃんのほうが上手でしょう。

「読んで、読んで!」


うん~、わかったわかった。
と、やっとこ絵本を読み出します。2ページ目を読んだあと、


「はい、ここからはEちゃんが先生ね。Eちゃん読んで。」


一瞬固まったEちゃんは、ページをめくり始めました。
そして、絵を見ながら自分で創作したお話を話し出します。

それがあまりに可愛くっておもしろいので、

あはは・・

と笑うと、“ウケた”っことがうれしかったのか、ハッスルして
でんぐり返しや前屈などお得意ポーズも披露してくれたのでした。


スカートがめくれて、おへそが見えてたので、

Eちゃんのこれ、なあに?

と、おへそを指すと、


「まる!」

あはは!じゃあここは?

と、胸を指差すと、


「ちくび!」



お兄ちゃんのレッスンが終わって戻ってきたお母さんに、

「おへそは知らないけど、ちくびは知ってるんだよ。」と報告し、大笑い。


一年経った今、「プリキュア」になって教室に来て、暗唱文集を発表する美人のEちゃん。

本当に可愛いお顔立ちなので、いつもお母さんに、
芸能界入りさせなよ、とプッシュしているのですが、
発表が終わった後、「アン、アン」と犬になりきっている姿に、

「よしもとの方ね・・」

と、うなずきあうのでした。



絵本をすぐに読んであげない・・

それは、お子さんの想像力と創造力を育てるとても良いトレーニングになるのです。
(プラス、私?が楽しいから・・なのでした)











スポンサーサイト




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 教室天国日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG