FC2ブログ
幼児教室オーナーの、日々の出来事や気づきを公開
page top
おひさま11月号
おひさま11月号No.191

―子どもたちに「陰陽の法則」を教えよう-

世の中は、「院」と「陽」の法則で動いています。
陰陽とは、古代中国の思想に端を発しており、神羅万象のありとあらゆる事物を陰と陽の二つに分類するものです。
「陰陽の法則」は、次の10からなるものです。

① 夜でも月明かりがある
② 昼でも影がある
③ 夜があれば、必ず昼がある。循環の法則が働いている
④ 人をだますことを考えれば、必ず損がくる
⑤ 楽しむことを考えると、必ず苦がくる
⑥ 苦しみを求めると、楽がくる
⑦ 儲けばかり考えると、必ず損がくる
⑧ 人を助けることを考えると、必ず幸福がくる
⑨ 人に一生懸命尽くすと、尽くした人があなたを助ける
⑩ 社会貢献をすると、生きがいと大きな幸福がくる

世の中を成り立たせているのは、以上のような陰陽の法則です。

この陰陽の法則を学校では教えてくれないので、今の日本の世の中では、たとえば会社経営に陰陽論を生かすこができず、利益の追求ばかり考えて、結局は会社をつぶしてしまうという例が後を絶ちません。
事業は「徳業」でないと栄えないのです。
リーダーに徳がないと、その会社はつぶれます。

徳のある生き方とは、これから自分のしようとすることが、自分の利益になるからするのか、人のためになるからするのか、常に考えて生きることです。
このことを、子どもたちに早いうちから教えることが大切です。

親自身も、「飲用の法則」を学ぶと、子育ての悩みがあっても目先のことに振り回されず、もっと長いスパンで考えられるようになります。

「陰陽の法則」は、親から見れば子どもの短所にしか思えない特徴も、もしかしたら本人の後の人生で最大の強みになりうることを、教えてくれます。

子どもの成長を期待するあまり、親はつい性急に子どもを変えようとしがちです。
けれど、わが子に限らず、だれかを無理やり変えることは不可能です。
とはいえ、理屈でわかっていても気持ちが納得せず、子どもに当たってしまうケースも多いのではないでしょうか。

そんな時は、基本に立ち返り、「私はなぜ、この子に〇〇であってほしいと望むのだろ」と考えてみましょう。
子どもについて悩んだり腹を立てたりするのは、「わが子がかわいいから、もっといい人生を歩んでほしい」と考えてるのに、子どもが親心を理解せず、言うことを聞いてくれないからではないでしょうか。

はじめはわが子かわいさが出発点なのに、親はいらいらしてくると、子どもをコントロールしようとして、「〇〇でないあなたは、かわいくない、愛せない」というメッセージうを送ってしまいがちです。(中略)

もし親子関係が行き詰っていると感じたら、「あなたがいてくれるだけで幸せなのに、それを忘れていて、ごめんね」と心から謝りましょう。
そして、「生まれてきてくれてありがとう」と感謝を伝えましょう。

親が感謝を忘れず、いつも自分の魂を磨き続けていると、子どもも親に感謝するようになり、親子関係に良い循環が始まります。親子共に、もっと楽に魂の成長をとげることができるのです。

                 ( 「魂」の人生学  七田眞著より )


****「金町教室保護者セミナー」ご参加ありがとうございました!!*********

先日広島県で行われた、「七田式誕生60周年記念祝賀会」に出席して来ました。
アメリカ、イギリス、カナダ、中国・・世界開各国から総勢150名の関係者が集まりました。  

世界レベルで能力開発が進んでる今、七田式は国内のみならず、海外でもすごい勢いで取り入れられ、今や世界18ヶ国で展開しています。
子どもたちがその国に未来を担ってるのですから、幼児教育はその国の国力も変えるものになるわけで、七田教育への信頼、そして期待を感じた式典でした。

七田式教育では、「世界子どもサミット」も企画しています。
世界の七田っ子による国際会議。七田で育った徳のある人材が、この地球を良くしていくために話し合う場。ひどくなる一方の自然汚染や災害、そして戦争・・。
未来の子孫にこの地球をどう残していくのか・・。
私たちの子どもに託されています。


 ***10月の達人!!******すごい!すごい!おめでとうございます!!**

♪一茶の俳句100句暗唱    さくらちゃん
♪犬棒カルタ50音暗唱     りおちゃん 
♪形で覚える都道府県暗唱・♪円周率100ケタ書出し   たけるくん
♪100ペグ暗唱        たけるくん そうきくん わこちゃん
スポンサーサイト
© 教室天国日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG