FC2ブログ
幼児教室オーナーの、日々の出来事や気づきを公開
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
おひさま9月号
おひさま9月号No177

―起きていることは、すべて宇宙の愛情表現―

「どんなトラブルもすべては『宇宙の愛情表現』なんだよ。
数日でも、たった一晩でもいいからそう考えてみてごらん」

私がいくつもの問題を抱え、とても苦しんでいるとき、メンターが語りかけてくれました。

真実はどうなっているのか?私にはわかりませんし、誰にも証明することはできません。
でも私にとって大切なことは、「トラブルさえも宇宙の愛情表現だ」と考えることで、落ち着きを取り戻すことができ、今まで気づかなかったことに目が開かれたという点です。

私にも、何回も「もうダメだ」と思う時期がありました。
しかし、今、振り返ると、すべては「宇宙の愛情表現」だったのだと強く感じます。

大学卒業後、勤めた自動車会社で、私は落ちこぼれセールスマンでした。
24時間365日、車のことばかり考えている同僚たちとの競争に敗れ、希望すら持てない時期を過ごしました。

しかし、だからこそ、「自分にも彼らと同じくらい打ち込めるテーマがあるに違いない」と探し求め、天職である自己啓発の講演家や作家としての道が開けました。

病気によって、働きすぎだった人生に、ストップをかけることができたこともありました。
「失敗が怖くて独立なんてできない!」と思っていたときにリストラされたからこそ、再独立できて今の自分があります。

トラブルの渦中にいれば、自分の不幸を呪いたくなることもあるでしょう。
しかし、乗り越えられない壁が目の前に現れることはありません。

また壁を乗り越えると、その先には素晴らしいギフトが待っているのです。
目の前に起きてくることの中に、「愛あるメッセージ」を見出すことができれば、より落ち着いて、自分らしい「選択」ができるでしょう。
そしてその「選択」こそが、あなたをギフトへと導いてくれることでしょう。


―愛すれば愛される、傷つければ傷つけられるー

「この世界の『ゴールデンルール(黄金率)』を、一つだけあげろ」と言われたら、「与えることは受け取ること(因果律)」と答えるでしょう。
あなたが誰かにしてあげたことは、やがて必ず返ってきます。

特定の人から返ってきてないていないように見えても、めぐりめぐってどこかから、誰かから、やがて必ず返
ってきます。

〇あなたが蒔いた種(原因)は、やがて芽が出て、実がなり、花が咲きます(結果)
〇あなたが誰かに微笑みかけたら、あなたは誰かから微笑みを投げかけられます
〇あなたが誰かを愛したら、あなたは誰かから愛されます
〇あなたが誰かを傷つけたら、実はあなたが深いところで傷つきます
〇あなたがまわりを応援しなければ、あなたはまわりからの応援を心から受け取れません

また「与えること」が「受け取ること」ですから、受け取っているものを見れば、与えてきたものが鏡のように写し出されます。

現在の私たちの状況は、「過去に蒔いたあらゆる原因の集積」といえるでしょう。

現在に満足しているとしたら、それを続けていけばいいのですが、不満足だとしたら、何かを変える必要があり、それはよりよくなるための変化のきっかけを与えてくれているのです。

私たちが毎日、与えていること、考えていること、行動していることは、それが原因となり、その思考や行動にふさわしい結果が将来現れます。
だとしたら、「自分がしてほしいことを、相手にもしてあげる。自分がしてほしくないことは、相手にもしない」のがベストです。

私たちには、未来をいかようにもデザインできる、すごい力が備わっているのですから。  

               ( 幸せの法則 望月俊孝著より )



大学生の息子の手帳にメモが書いてあった。

「人に頼ることが大事。
でもその前に自分が人を助けなければならない。」

秋のリーグ戦が始まり、チームワークの良さから彼の所属チームは好成績が続いている。
競技でも仕事でも、チームワークが大事。生きてくうえでその精神はとても重要であろう。

あなたの「今ここ」でのお役目は何ですか?


***8月の達人!!******すごい!すごい!おめでとうございます!!*****

♪理科ソング物理化学編暗唱  あきひとくん ♪プリントB修了  じんいちろうくん
♪社会科ソング世界地理編暗唱  しおんくん
♪1年生プリント国語修了 いっしんくん♪円周率100ケタ書き出し あまねちゃん
スポンサーサイト
© 教室天国日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。