FC2ブログ
幼児教室オーナーの、日々の出来事や気づきを公開
page top
おひさま7月号
おひさま7月号No.151

眞の父・積は、島根県那賀郡嘉久志村(現在の江津市)に、呉服屋の五男として生まれました。
尋常小学校を卒業した後、進学を希望しましたが、「商人の子どもに学問はいらない」と祖父(積の父)に言われ、卒業後は、祖父と一緒に反物をかついで行商に回っていました。

しかし、勉強をしたいという気持ちがどうしても捨てきれず、十七歳の時、家出をして門司(山口県)まで行き、祖父の同郷の友人である七田茂吉に養子にしてもらったのでした。


茂吉は結婚していましたが子どもがおらず、昼間は働きながら夜学に通うことをすすめてくれました。
明治四十二年のことでした。

養父母の元で働きながら夜間高校に通うという、質素な中で勉強をしていた積にとって、教科書こそが勉強のための本であり、理系だったこともあって、実用的な書にしか値打ちを認めようとしなかったのです。
積は一生懸命勉強して特待生となり、授業料を免除してもらいました。高校卒業後は、満州に渡って旅順工科学堂に進学をし、ここも優秀な成績で卒後し、満州の奉天鉄道に就職しました。

そんなわけで、本棚には、教科書の他には参考書が一冊あるだけでした。
けれど、本を読む楽しさを教えてくれたのもまた、父・積だったのです。これにもちょっとした理由がありました。

父は「人は生まれつきの素質がある。それは自然な子育ての中で育まれる」という、ごく一般的な考え方をしていました。
自分もそうであり、また長女には何も勉強を教えなかったのですが、自然に読み書きを覚え、学校でも良い成績を取っていたからです。

ところが、同じように長男を育て、小学校に上がった際、参観日に行くと、クラスの中で質問に答えられないのは長男だけでした。
しかもわからないものだから、周りの子どもにちょっかいを出し、先生に叱られていました。

授業が終わると、父は先生から呼ばれ、「家庭でしっかり見てもらわないと、授業についてこられませんよ」と厳しく言われたのです。

慌てた父が家に帰って長男に勉強を教えてみると、すっかり覚えられない頭になっていて愕然としました。これではいけないと、次男や三男(眞)には、学校に上がる前にしっかりと読み書きを教えたのです。
そうして眞は、幼いころから自分で本を読む術を身につけ、読書の楽しさを知ったのでした。

眞が父からこの話を聞いたのは中学生の時でした。
その時、子どもの頃の勉強の仕方でその後の学力や興味が変わることを、とても不思議に思いました。
そして、自らの存在に関わる不思議な話は、眞の心の深いところに根差したのです。

父はまた、折りに触れて、人生訓を聞かせてくれました。

「幸運はよく不運の仮装をして訪れる。私は初め人より不運だと思っていたが、それが後に幸運に変わった。
だから、不運の仮装に惑わされないようにすることが大切なんだ」

「人は学校を出ると学ばなくなるが、それでは運は開けない。
飽くなき探求心で学び続けることによって、運は開けていくものなんだよ」

「志を大きく持ちなさい。
なぜならそれに従って、大きな運がついてくるからだ。志が小さいと運も小さくなってしまうよ」

「悪い人間なんていないよ。
大切なのは一人ひとりの人間に尊敬の念で接することなんだ。
その人に尊敬の念で接すれば、どんな不良社員でも必ず良くなるだよ」

これらのコトバもまた、眞の心に深いところにしまわれ、それからの人生の大きな指針となったのでした。

    ( 七田眞ものがたり -すべての子どもたちに学ぶ喜びを!ー より )


脳の働きには「才能逓減の法則」というものがあります。
また、子どもの脳には驚異の可能性と吸収力があります。
その能力は小さい時期ほど大きいというのがこの法則。子どもの才能の伸びが大きい時期に、繰り返し働きかけをしていきましょう。
小さい時期の環境作りがとても大切です。


****『暗唱チャレンジシート」の提出をお願いします!!*************

1月より始まっているShichida暗唱チャレンジ。
「暗唱チャレンジシート」の提出はお済ですか?
提出いただくと、賞状と素敵なオリジナルグッズのプレゼントがあります!
6月末までのチャレンジです。まだ提出されていない方はお急ぎください。


****6月の達人!******すごいすごい!おめでとうございます!!***** 

 ♪プリントB終了       ゆうたろうくん
 ♪プリントC終了       いっしんくん
 ♪算数二年生修了       ゆりちゃん
 ♪国旗120か国暗唱     あんちゃん
 ♪木へん魚へん暗唱      りょうくん 
 ♪都道府県の歌暗唱      おうすけくん
スポンサーサイト



© 教室天国日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG