FC2ブログ
幼児教室オーナーの、日々の出来事や気づきを公開
page top
おひさま1月号
おひさま1月号No.145

―幅30センチの鉄板の話―

幅30センチぐらい、長さ5メートルぐらいの鉄板が床にしいてあるとします。この上を歩くことができますか?
多くの人は「はい」と答えるでしょう。
僕はそんな時、教室に同じ幅と長さの紙を置いて、生徒たちに実際にその上を歩かせます。
そして無事に渡れたら、「イエーイ!」とハイタッチをします。

そうした後で、ホワイトボードに図を書きます。
「ここに高さ200メートルのビルが2つある。その屋上に立つと、下にいるタクシーなんかが、米粒ぐらいの大きさに見える。落ちたら100%死ぬ。さて、ここの屋上の2つのビルの間に、さっきと同じ幅の鉄板を渡したとする。風はない。君は、その上を歩くことはできるかな?」
するとみんな「無理!」と言います。
たぶん「足ががくがくふるえて」「心臓ばくばくになって」「手からは汗がドバーって出る」、だから「無理だ」と。

でも、冷静に考えると、求められている身体能力って、まったく同じはずなんです。
幅30センチの板の上を歩くこと自体って、多くの人にとっては、そんなに難しいことではないんですね。
では、なんで教室に鉄板をしいてその上を渡れと言ったら余裕なのに、ビルの上では無理なんでしょう。

そう聴くと、生徒達はみな「落ちたら死ぬから(笑)」と言います。
それに対して、僕は言います、「違う」と。

「君は、教室で今、実際に歩いてみた時に、“失敗するかも”って一瞬でもイメージした?」
「いいえ」
「だよね。
でもさ、ビルの上だとどうだろう。落ちたらどうしよう。
高いな、死ぬな・・・とか、むしろ、失敗するイメージしかわかないよね。
逆にその状態で『成功する』って考えてる人、余裕な人なんて、おかしいよね。
おもしろくない?
 僕が求めているのは『直立二足歩行』なんだ。
サルだってできる。
なのに、急に『うまく行かないかも』『失敗するかも』『死ぬかも』とか、そういう『失敗のイメージ』を強く抱いた瞬間に、身体能力が圧倒的に低下するんだ。」

これは、他の場面でも同様なのです。
「失敗するのでは?」「笑われるのでは?」というイメージが強いと、人前でのスピーチもうまくいかなくなります。
「こ、こんにちは・・えーっと、あのー、私の名前は・・・えー」みたいになって、普段すらすら言えることですら言えなくなってしまいます。

つまり、「失敗するイメージ」を持った瞬間に、身体能力が低下するわけです。
話す、という、基礎的な身体能力ですら、です。

「うまく行かないのでは」「苦手なんです」「イヤだなあ」――何事も同じなんです。
そう思った瞬間に能力が下がるのです。
「数学は嫌い」「数学は苦手」――そう思っている生徒は、能力が実力以下に下がるので、問題をうまく解けなくなるのです。

ですから、基本的に、「思い込まないといけない」のです。
「好きだ」「できる」と。

しかし多くの場合、そう思い込めと言っても、なかなか難しいものです。
ですのでそんな時は、「言葉に出して」ください。
「思う」のは、ネガティブなことでも仕方がありません。
ついつい頭に浮かんでしまいますので。
でも、言葉で、ポジティブなことを言ってみることは誰にでもできるんじゃないでしょうか。(中略)

「そう。
最初にさ“数学が好き?”って聞いたときに“嫌い”って言ったでしょ。
あの時は、シブイ顔をしてたのにさ、今めっちゃ笑顔じゃない?ね?これだけで、能力の発揮のされ方が、全然違ってくるんだよね。
だから、これから、数学の宿題を目の前にするでしょ?
その時に、“いやー、オレ、こんな数学の問題解けるなんて世界一の幸せ者だな。
もっと問題をお願いします”って口に出してみよう。
自分でもだんだんそれを信じられるようになる。
そうなったら、君の能力を制限していたリミッターが外れていくんだ」 

  (学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に合格した話 坪田信貴著より)


新年が始まりました。今年もよろしくお願いいたします。

年末に子どもたちに「今年頑張ったこと」を発表してもらいました。
「なわとびを頑張った」「円周率500ケタ暗唱を頑張った」・・。うーん凄い!

今年はどんなことに挑戦するのかな?
みんなは「言葉の力」を味方につけているから大丈夫!
合言葉は「できる!できる!」でしたね。
みんなの成長が楽しみです。


****12月の達人!******すごいすごい!おめでとうございます!!*****   
       
♪国旗120か国暗唱      りょうくん     
♪木へん魚へん100へん暗唱  あんちゃん
♪犬棒カルタ50音暗唱     ほのみちゃん りょうくん
スポンサーサイト



© 教室天国日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG