FC2ブログ
幼児教室オーナーの、日々の出来事や気づきを公開
page top
おひさま12月号
おひさま12月号No144

―言葉の力ー

人のイメージや想い・言葉は、目には見えないかもしれませんが、すべてのものに影響しています。

私たちがいつも口にする言葉が、私たちの気持ちと生活にどれくらい影響を与えているか、知っていますか?
そして、自分がよく使う言葉に気づいていますか?
お父さんやお母さん、先生から「そんな言葉を使ってはいけません」「悪い言葉を使ったらダメ」と言われたことはありませんか?
なぜ、悪い言葉やネガティブな言葉をあまり使わない方がいいのでしょうか?


それは聞いてる人に対して、失礼にあたったり、不愉快な思いをさせてしまうことも理由ですが、実は、あなた自身にあまりよくない影響が出てしまうからです。

ここで少し実験してみましょう。

腕を横にまっすぐ上げて少し力を入れてみます。
そして、もう一人の人がその腕を軽く下げようとしてみます。
次に腕を横に上げている人は、上げている状態でこう言ってみてください。

「出来ない!出来ない!出来ない!」そう言葉にして、もう一人の人が先ほどの力と同じ力で腕を下げようとすると、どうなるでしょうか?

腕に力が入らなくなり、腕が下がっていきます。

次に、「出来る!出来る!出来る!」と言葉に出して、同じ動作をしてみます。どうなると思いますか?

すると今度は、腕に力が入り、先程と比べて、腕があまり上がりません。

何故、このような反応が起こると思いますか?

体の動きや反応は、脳からの指令、脳の電気信号で動いています。
脳が快(良い)の状態だと、たくさんの電気信号が流れ、持っている力を発揮しやすくなります。力が入ります。
しかし脳が不快(悪い)状態だと、電気信号の流れが悪くなります。
そうすると、体に力が入らなくなり、持っている力を発揮しにくくなります。

ただ言葉を「出来ない!出来ない!出来ない!」と発するだけで、脳が不快に感じて体の動きは低下し、出来ない自分になっていきます。

でも「出来る!出来る!出来る!」と発すると、脳が快に感じて体の動きは向上し、出来る自分になっていきます。

これは、言葉にせず思うだけでも同じですが、言葉にすることで、より反応は強くなります。
想いや言葉って不思議ですね。

「嫌い」「嫌だな~」「出来ない」などと感じたり、思ったりすることは、決して悪いことではありません。
でも、そう感じた後、どうするかが大切です。

あなたは、どんな言葉を使って、自分の持っている力を発揮してみたいですか?


 「言葉の力」は、七田の小学生コースの「右脳の話」での取り組みです。
お友達と組になり、腕の実験を通して言葉の力を体感しました。

「きっとうまくいく!」「すべて大丈夫!」「ラッキー!」「幸せ!」「運がいい!」・・・

テキストには「自分の持っている力を発揮してくれる言葉」がしっかりと書いてありました。


****「2014 胎教博」いのちのミッションーなんのためにーのお知らせ!*******

毎年年末に行われている「胎教博」
「胎教」と名がついていますが、妊娠中の方に限らずすべての方に自分の生まれてきた意味を気づかせてくれる内容です。

しちだ教育研究所代表七田厚先生、右脳解発トレーナー飛谷ゆみ子先生、 産婦人科医の池川明先生、ヒプノセラピスト宮崎ますみ先生・・
豪華メンバーによる、新世紀のいのちの響育について語り傳えあう胎教博トークライブショー&「WATER2」上映会。

12月23日(祝)10:00~17:00 品川にて


****11月の達人!******すごいすごい!おめでとうございます!!*****
          
♪国旗120か国暗唱      れなちゃん
♪円周率500ケタ暗唱     ともちゃん     
♪木へん魚へん100へん暗唱  まさひろくん
♪犬棒カルタ50音暗唱     みずほちゃん  そうまくん 
こたろうくん  たかまさくん
♪百人一首100首暗唱     うきょうくん  りかちゃん
♪暗唱文集近代文学編暗唱    ふうかちゃん
♪理科ソング地学編暗唱     ゆいなちゃん
♪四字熟語50音暗唱      あんなちゃん
♪小学生プリント3年生修了   ふうかちゃん
スポンサーサイト



© 教室天国日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG