FC2ブログ
幼児教室オーナーの、日々の出来事や気づきを公開
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
おひさま10月号
おひさま10月号No.130

―その子が伸びる方向へ伸ばす―

子どもの才能や能力を、どのように見出し、どのように伸ばしていけばいいのでしょうか。
人の才能はIQではかることのできる言語的才能だけに留まるものではなく、それぞれの人がそれぞれ異なる能力を持っています。
これまでの教育では、知能はIQで表されると信じられてきましたが、ハーバード大学の心理学者ハワード・ガードナーは、人間にはいろいろな知能があり、そのいずれかに優れていたり苦手だったりすると述べ、多重知性理論を提唱しました。

ガードナーは言語的知性の他に、論理数学知性、視覚・空間知性、音楽知性、身体運動知性、人間関係知性、内省的知性、博物的知性という七つの知性があるとしています。
学校のテストだけで、この八つの才能をすべてはかかることはできません。
ガードナーの才能の考え方でいえば、人間関係をうまく結べる知性も、言語的知性に劣らず重要なものですし、内省的知性も博物的知性も同じように重要な知性です。

今までのIQ重視の教育、偏差値教育的な見方しかできないことは、いかに時代遅れの味方なのかということがわかるでしょか。ガードナーの知性の味方で、子どもたちの能力を見るほうがはるかに建設的なのです。

トマス・G・ウェストという人物が書いた『天才たちは学校が嫌いだった』(講談社)という本があります。
この本にはファラデー、マックスウェル、アインシュタインといった天才たちは子供のころ学校が嫌いで、言語的には普通の子より遅れていたと書いてあります。

また、これらの天才たちは左脳の言語的思考回路では遅れていたけれども、右脳のイメージ性の思考回路には優れていたと述べ、これからの教育では視覚型の思考回路、つまりイメージ性の思考回路を育てる教育が大切でると書いてあります。

イメージ性の思考回路を育てる教育というのは、右脳教育に他なりません。
これからの教育で大切なのは、左脳教育ではなく、右脳教育なのです。
親が右脳教育の大切さに目覚めなければなりません。

右脳教育は子供の“脳力”を最大限に開化させ、八つの知性の分野で、どの分野にも役立てることができる教育です。
左脳教育は言語的知性回路、論理的数学知性回路を開くのに役立つだけで、他の知性回路の教育にはあまり重要性を見出していません。
これでは偏った教育になります。

教育は、子どもに知識を教えることであってはなりません。
子どもに知識を与えるのではなく学習法を教えることと、自ら学ぶ習慣をつけさせることが教育であるべきです。
ひたすら入試のために知識を詰め込ませる子育てが、いかに不毛なものであるかを、親は悟らなくてはいけません。

親がこのような様々な分野の才能が認められる時代になってきていることを知って、子どもたちのそれぞれの個性を見て、その子の伸びる方向を見極める子育てをすることが重要なのです。 
         ( 七田式「魂の教育」  七田眞 著より )



子育ては、子どもが生まれてからの愛情教育に始まって、どうほめ、どう叱り、どう我慢を教えるかなどのしつけについて学び、子どもの夢、志をどう育てるか、夢そだて、徳育、社会への貢献までを一つの大きな流れとして考える必要があります。

そのために、知識教育、理性の教育も必要ですが、それ以上に、人への思いやりを大切にする心の教育、感性の教育、そして何より 魂 の教育が必要です。

七田チャイルドアカデミーは、七田眞校長の教育理論に則り、「魂」の教育を実践し続けています。



****「イード・アワード2013幼児教室」総合満足度 最優秀賞受賞!!*******

(株)イードが運営する教育情報サイト「リセマム」による約2000名へのアンケート調査の結果、七田チャイルドアカデミーが幼児教育部門にて、総合満足度 最優秀賞を獲得しました!!

部門賞として、「子どもの好きな幼児教室」・「面倒見がよい幼児教室」・「効果がある幼児教室」・「授業プログラムが充実している幼児教室」の4部門を獲得し、お子様の反応及び効果を評価された結果となりました。



****9月の達人!******すごいすごい!おめでとうございます!!*****

♪犬棒カルタ50音暗唱    かずしくん あんちゃん  
♪社会科ソング日本地理編暗唱 まりんちゃん 
♪四字熟語50音暗唱     かなこちゃん 
♪100ペグ暗唱       るいくん ゆなちゃん
スポンサーサイト
© 教室天国日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。