FC2ブログ
幼児教室オーナーの、日々の出来事や気づきを公開
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
イメージの力
今日は、胎教コース第2回目の日でした。


前回の胎教コースの第2回をお休みされた、りえさんがまだご出産前だったので、「ぜひ、ご参加くださいね。」と連絡を入れてありました。


数日前、確認のご連絡を入れると、

「ハーイ!楽しみにしています。」の元気な声のあと、

「実は、逆子になっちゃったんです・・。」と、少ししょんぼりぎみ。
「赤ちゃんに、お願いして!頭が下よ。って。」

「わかりました~」と努めて明るく振舞う声が聞こえました。


電話を切った後、私もりえさんのお腹の赤ちゃんにイメージを送りました。



そして、りえさんが来室されました。「お腹大きくなったねー!」


「逆子、治りましたー。イメージで治しました!」「良かったねー!!」



りえさんはお仕事を持ってらっしゃいますが、合間合間にお腹の赤ちゃんに話しかけたそうです。

レッスン中に習った“微笑み瞑想”をしながら、「反対よ。お顔が下よ。」

どこがお顔かわからないだろうから、目や鼻の説明もしたそうです。赤ちゃんが頭を下にしているイメージを、お風呂に入っている時や寝る前に何度も送りました。


2週間後、検診に行くと、頭が下になっていました。

治ってなかったら、“帝王切開”と言われてたそうです。

「そういえば、検診日の前、ポンポン蹴って“治ったよー”って合図してくれてたんだなー」


良かった、良かった。

お腹の赤ちゃんはちゃんと、お母さんの声を聞いています。
お母さんの思いをキャッチして、望みどおりにしてくれるのです。

なんて偉大な力を持つ存在なのでしょう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

先生!2回目のレッスンありがとうございました。久し振りに先生にお会いできて嬉しかったです。教室の内装って何だか不思議が感じがします。何かが湧いてくるというか...
逆子ちゃんの記事照れくさいです~
イメージの力は本当に大切だと実感してます。
逆子体操もしないで治ったし、思い出したのですが、初期の頃胎盤も下の方にあって何度か出血したのですが、『赤ちゃんのおへそから出てる紐を上に引っ張ってね』ってお願いと『栄養アンテナがその場所にあるとうまく出られなくなっちゃうよ』って胎盤が上がってニココニ顔で出てくるイメージをしてました。
1ヶ月後の検診ではもちろんOK!!
出産まであと少し、今は『へその緒が首にまきつかなないように気を付けて、アゴ引いてグルグル回って出ておいで』って話してます。
無事に出産が終わり、今度は赤ちゃんと2人で通えるのを楽しみにしています!!その時はまたご指導よろしくお願いします。
りえちゃん | URL | 2007/05/15/Tue 12:34 [編集]
履歴をみて訪問しています。
胎教、本当にいいですね!
胎教をした子どもの能力
わたしの教室では差がはっきり
でています。
胎教をみんなに広げていきたいですね。
kairi | URL | 2007/05/16/Wed 17:33 [編集]
りえさん、

こちらこそ、りえさんにお会いできて
うれしかったですよ。

お腹がますます大きくなっていて、
赤ちゃんの成長のご様子が
はっきりわかりました。

思わず、
「自分で治しておりこうだね~。よしよし。」
と、なでなでしてしまいましたね!

りえさんは、明るくてユーモアたっぷり。
“栄養アンテナ”など、
ネーミングの達人です。

りえさんのおかげで、
クラスがいつも笑いがいっぱいで、
とてもたのしかったですよ。v-238

どんなことも明るく乗り越えていける
りえさん、
今度はお母さんとして、
お会いできるのを
楽しみにしていますよ。

もし不安な気持ちとか
起こったら、いつでも連絡してね。

プリシラ | URL | 2007/05/16/Wed 22:56 [編集]
kairiさん、

胎教コースを受けてくれた方が
生まれた赤ちゃんを連れてきてくれたときは
「あなただったのね!」
と感激してしまいます。

胎教ベイビーちゃんたちは、特に
目がキラキラッ!っと
輝いていますよね。

胎教から
七田を知ることができた人たちは
本当にラッキーだと、
心底思います。

お腹の赤ちゃんが、
引き合わせてくれたのかもしれませんね。
プリシラ | URL | 2007/05/16/Wed 23:11 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© 教室天国日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。