FC2ブログ
幼児教室オーナーの、日々の出来事や気づきを公開
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
おひさま10月号
おひさま10月号 No.118

どういうふうに幸せに老後を生きるか。この頃つくづく考える。
日本が長寿国と言われて久しいが、長生きをすることを心から喜べることが大事だ。

からだが病気でなくても、つらい老後を送っている人の話をときどき見聞きする。
華やかな生活や成功した人生を送ってきた人ほど、一線を退いてからの生活との落差が大きい。
それで生きがいを失ってしまったり、報われない思いが強くなったりする。
こんなことなら早く死んでしまいたいというような“うつ”に近い状態、とても混乱した状態になって、せっかく病気でないのに幸せを感じられない毎日を送っている。

一方で、心は健康だけれど、からだが病気になってしまう人もいる。
突然、がんの宣告を受けたら、残された短い時間をどうやって生きたらいいか考えなければならない。

人間が人生を生ききるのは本当に難しいことだなとつくづく感じる。

自分自身の身に置き換えてみて、これからどういうふうに年を重ねて、最後の日に向かってどういうふうにいろいろなものと折り合いをつけながら人生を歩めばいいのかな、と最近よく考えるようになった。

私は「折り合いをつける」という言葉が好きなのだが、この「折り合い」というのがポイントだと思っている。
何もかも思うとおりにいけばいいけれど、人生でそんなにうまくいくことはめったにない。だから衰えていくなら衰えていくなりに、条件が整わないのなら整わないなりに、その中で、一番いいと思うことを選択して、折り合いをつけて、まあこんなもんかなというところで明日につなげていくいくコツを、どうにかしてつかんでいきたい。(中略)

がんだと言われた人は、一度絶望の淵に落ちる。
除々に老化していっていろいろな機能を失っていき、少しずつ望みをなくしていく。そのとき、もう一度新しい段階の希望を作りなおして、それを握りしめて微笑むことができる人はどういう人たちなんだろう。

希望といっても病気が治る希望ではない。
治らないと知っても、もうすぐ死が待っていると知っても、一日一日を生きる希望を持って生ききった人たち。

私はこれまでに出会ったたくさんの患者さんたちの顔を思い浮かべる。

がんで残された時間が短いと知らされても取り乱すことなく淡々と最期を迎えられた人たち。
若い患者さんでもそれは同じだった。小さなことに素直に喜び、まわりの人たちに感謝しながら人生の最期を締めくくった素晴らしい人たちだった。

この間も40代で亡くなった女性の患者さんの話をしていて、看護師が、「あと1年くらいたったら、子どもさんやご主人を呼んで、『あなたたちのお母さんはなんでこんなに素晴らしい人だったんだろう』って話したいね」と言っていた。

本当にそうだなあと思った。
私だったら、怖くて、辛くて、わめいているかもしれない。それを淡々と、子供たちの話に「ああ、そうだね。そうだね」と言いながら過ごせたのは何故なんだろうか。
子どもたちに最期まで幸せに生きる姿を見せて、とても見事に死んでいく姿を見せて、大きな宝物を残して旅立っていった。

いまにして思うのだが、その人たちはみんないつの時点でか、いのちをゆだねるという気持ちを持ったのではないか。
医療者である私たちにゆだねることもそうだが、見守ってくれる愛するご家族にすべてをゆだねることで、きっと生きることも死ぬこともいままでとは違ったものとして見えてきたのではないか。
そんな気がする。

なぜそんなことができたのか。
みんなとくに信仰を持っているという人ではなかったのに、どうして絶望からはい上がって新しい希望を持つ事ができたのか。

日本では多くの人が無宗教とか信仰心がないとか言われるが、そう簡単には言い切れない何かが心の中にあるような気がする。
それが何だか私にはまだわからない。
でも、どうもいままでの日本人の心の中には、日本の移ろう四季と自然の力がとても大きな存在としてあったように思えてならない。

山や川やお天道様(太陽)に大きな畏怖を抱く感性・・。
それが日本人の遺伝子に残ってはいないだろうか。
宇宙観といってもいい。
その感性を若い世代に伝えることがとても大切だと思う。
   
 ( 最高に幸せな生き方と死の迎え方 内藤いづみ著より )



自分の内面と対峙していくには、「死」・「死後」を考えると、どうしたいかが見えてくる。
知人からの言葉を受け、いろいろ書籍を読んだ中、共通するキーワードは「愛」でした。
自分から愛を発信できる人でありたいものですね。


***10月の達人!!******すごい!すごい!おめでとうございます!!****
♪プリントB終了     しょうたくん(年長クラス) 
♪プリントC終了     ももえちゃん(小学生クラス)
♪犬棒カルタ50音暗唱  いおりくん(年少クラス)  
♪100ペグ暗唱     あきやくん(年少クラス)

スポンサーサイト
© 教室天国日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。