FC2ブログ
幼児教室オーナーの、日々の出来事や気づきを公開
page top
おひさま2月号 N0.98
おひさま2月号No.98

むかし、昔、その昔・・・中世のヨーロッパに、ある若い鍛冶屋の男がいました。
その鍛冶屋には、何年も片思いの女性がいました。

鍛冶屋は彼女に気持ちを打ち明けたいと思い、ある日、魔女のところへ出かけていき、占ってもらいました。


魔女は言いました。
「ふん、やめときな。無理だよ。あの子はあんたなんかにはまったく興味なんかないのさ」

そう言われて落ち込んだ鍛冶屋は、この恋を諦めようかと悩んだあげく、もう一度、占ってもらおうと思い、隣町の彼女のところへ行きました。

隣町の魔女は言いました。
「ダメだね。見込みなんかありゃしない。想っているだけ時間の無駄さ」

またしても落ち込んだ鍛冶屋は、それでも、もう一度占ってもらおうと思い、今度は隣国の魔女のところまで出かけていきました。

隣国の魔女は言いました。

「彼女はあんたなんてこれっぽちも想っていない。悪いことは言わないからやめておき」

どうしようもなくなった鍛冶屋は、やはりもう一度占ってもらおうと思い、遠く離れた国の魔女に尋ねに行きました。

遠く離れた国の魔女は言いました。
「彼女には他に好きな人がいるようだよ。あんたとは永遠に結ばれないだろうね。だから打ち明けても無駄さ」

それを聞いて、鍛冶屋は死にたくなりました。

それでも、最後に、もう一度、今度は自分で占ってみようと思い、鍛冶屋は銀貨を持ち出し、銀貨の裏と表に答えの意味を持たせるコイントスをしました。

銀貨を放り投げて、受け取った銀貨の表が出れば彼女は鍛冶屋のことを想ってるので打ち明けに行く。
裏が出れば、何とも想っていないから打ち明けるのはやめる。

鍛冶屋は銀貨に聞きました。
「彼女は、僕のことをどう想っていますか?」

鍛冶屋は銀貨を放り投げ、その銀貨を手のひらで受け取りました。
そして、おそるおそる手のひらをのぞき込んだのです。

次の瞬間、鍛冶屋は感じました。
「やった!」

そう、銀貨は表を向いていました。
これは片想いの彼女が鍛冶屋のことを想っていることを意味しました。

「ほら見ろ!やっぱりこれが答えだったじゃないか!!」


この寓話が語るまでもなく、私たちの中には、自分にとって正しい答えがすでに備わっています。

鍛冶屋は自分が欲しい答えを求めて、何度も魔女のところを巡りました。
鍛冶屋は人から与えられた答えにノーを突きつけ、自分自身の心を知ろうとしました。
そして、最後は、自分自身が行ったコイントスでその答えの存在を見つけました。

もし、鍛冶屋が投げた銀貨が、裏面だったら?

おそらく、鍛冶屋は表面が出るまで何度もコイントスをしたことでしょう。
これがコインの法則なのです。

このコイントスは、日常の中でも使えます。

「今日のお昼ご飯は、カレーにしようか、それともカキフライにしようか」などなど・・・それはどんな些細なことでもよいのです。
周りからは些細でちっぽけなことに見えても、あなたにとっては大事な決め事のはず。

大切なのは、どんな小さなことでも自分の心が何を欲しているのかを正確に知ることです。 

                ( 「コインの法則」  松本賢一著より )



投げたコインをキャッチして結果を見てください。
結果に対して、自分自身の心がどう反応したか感じてみてください。

やった、よかった、と感じたのならそれがあなたの答えになります。
残念、悔しい、あ~あ、と感じたのなら、もう一方の選択肢があなたの答えになります。

普段、譲ったり我慢したりしてませんか?素直な自分の心に向き合うのも大事ですね。



****1月の達人!!******すごい!すごい!おめでとうございます!!

♪100ペグ暗唱       ももえちゃん まりんちゃん (年中クラス)
♪円周率100ケタ暗唱    ふうかちゃん まりんちゃん (年中クラス) むつおくん (年長クラス)
♪四字熟語50音暗唱     けいごくん (年中クラス)
♪プリントAコース終了    なおとくん(3才クラス) しょうたくん(年少クラス)

*****春のお友だち紹介キャンペーン実施中!!*************

♪紹介をする方、紹介される方共に、「まぁくんおなまえシール(A4サイズ約80枚)」をプレゼント!!
 ご兄弟が入室される場合は、さらに教材券2000円をプレゼント!!
 
 3・4・5月入室者対象です。
スポンサーサイト




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 教室天国日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG