FC2ブログ
幼児教室オーナーの、日々の出来事や気づきを公開
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
おひさま9月号
おひさま9月号NO.81

「どんなに きみがすきだか あててごらん」
(サム・マクプラニットニィ 文  アニタ・ジェラーム 絵  小川仁央 訳)

ちいさなちゃいろいノウサギは、 おやすみのじかん。おおきなちゃいろい ノウサギのながいみみにつかまって、 ベッドへいくところ。

ちいさなウサギは、おおきなウサギに きいてみたくなった。「どんなに、きみがすきだか あててごらん」 「そんなこと、わからないよ」と、デカウサギ。

「こんなにさ」チビウサギは、うでを おもいっきりのばした。

デカウサギのうでは、もっと ずっとながかった。「でも、 ぼくは、こーんなにだよ」
なるほど、それは、うんとだ。チビウサギは、かんがえた。

「きみのこと、 せいのび せいいっぱい すきだよ」と、チビウサギ。

「ぼくは、きみのこと、 ぼくのせいのび せいいっぱい すきだよ」と、デカウサギ。

たしかに、たかいな。チビウサギは かんがえた。あんなに、うでが ながけりゃな。

そこで、チビウサギは、いいことを、おもいついた。ぴょんと、さかだちをして、木のみきに あしを ぐっと のばした。

「きみのこと、つまさきのさきっちょ まで、すきだよ!」 と、チビウサギ。

「ぼくは、きみのこと、 きみのつまさきの さきまで、すきだよ」 デカウサギは、チビウサギの うでをつかんで、 ふりあげた。

「きみのこと、 とびあがれる こんかぎり、 すきだよ!」チビウサギは わらいな
がら、 そこいらじゅうを はねまわった。

「でも、ぼくはきみのこと、ぼくが とびあがれるぐらい、すきだよ」デカウサギは、ほほえんで、 おおきくひとはねすると、 みみが、木のえだに、とどいた。

ほんとに、すごいや。 チビウサギは、かんがえた。
あんなに、 たかく とべたらなあ。

「きみのこと、このみちをずっといって、
かわにとどくぐらい、すきだよ」 チビウサギは、さけんだ。

「ぼくは、きみのこと、かわをわたって、おかをこえたぐらい、
すきだよ」と、 デカウサギ。

それは、とってもとおくだ。 チビウサギは、かんがえた。 チビウサギは、もうねむくって、 なんにも、おもいつかない。
ふと、チビウサギは、いばらのしげみの むこうを、みあげた。あたりは、すっかり くらくなり、よぞらがどこまでも ひろがっている。

「ぼく、おつきさまにとどくくらい きみがすき」チビウサギは、 そういうと、目をとじた。 
「それは、とおおくだ」と、 デカウサギ。 「それは、とても とても、とおくだ」

デカウサギは、チビウサギを 木のはのベッドに そっと、ねかせると、 かがんで おやすみなさいの キスをした。

それから、チビウサギのそばに よこになり、ほほえみながらささやいた。 
「ぼくは、きみのこと、おつきさままでいってーーー かえってくるぐらい、すきだよ」




今回は、大好きな絵本を紹介しました。
疲れてしまって子どもに冷たく当たってしまった時など自分に余裕がなくなってるなと感じるとき、
この絵本を開きます。
絵本は“心の栄養”といいますが、大人のわたしたちにも有効なのかもしれません。

お気に入りの絵本、持っていますか?


 *****8月の達人!!*******すごい!すごい!おめでとうございます!!

♪犬棒カルタ50音暗唱  もねちゃん(2才)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 教室天国日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。