FC2ブログ
幼児教室オーナーの、日々の出来事や気づきを公開
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
おひさま7月号
おひさま7月号No.79

「碎啄(そったく)の機」

先日仕事で福岡に行きました。
九州経済界の重鎮九州電力の会長松尾新吾さんと、九州出身のオリンピックゴールドメダリスト
柔道の山下泰裕さんの講演と対談のファシリテーションをするためです。
その日のテーマは組織を活性化させるためのリーダーシップと人材育成。
お二人は大変興味深い話をされましたが、その中で、子育てと結びつけて松尾さんが話された
「碎啄の機」の話が印象的でした。

「碎啄(そったく)の機」とは、逃がしてはならない良い時期のことを言います。
「碎」は鳥の卵が孵化しようとするとき、殻の中で雛が鳴く声のこと。
「啄」は親鳥が外から殻をつつくこと。

雛が孵化する時期に、殻の中から準備ができたと雛は声を上げるのでしょうか。
その声を待って、親鳥は雛がかえるのを助けるために、外から殻をつつくのです。
人を育てるにあたって、この絶妙のタイミングを逃してはならないということです。

ところが、子育てや学校教育において、企業の人材育成においても、
雛の声が上がる前に外から殻をつついて、
「早く早く」と殻を壊してしまっているのではないかという指摘を松尾さんはされました。

宿題をさっさと片付けず、だらだらする子どもに「だらだらしないで、宿題やったらどうなの!」
と子どもを叱る場合も、それかもしれません。
だらだらしている子どもは、内心「宿題やらなきゃ」と思っています。
それを、子どもが動きを見せる前に、殻を外からつつくと子どもはやる気を失います。

松尾さんは、社長時代に社内の階層別研修をやめさせ、
本当に勉強したい人だけが研修に参加するやり方を導入したそうです。
対談の中で私は松尾さんに質問しました。

もし、雛が殻の中から合図の声を上げなかったら。
社員がやる気がなく、自分から勉強しようと思わなかったら。
彼らをやる気にさせるためには何が必要かと。

彼の答えは、「相手をよく知ること」でした。
上司が部下の個人的なことも含めてよく知り、何かにつけて声かけすれば、
部下は理解された喜びで動き始めるということです。

子育てにも同じことが言えるでしょう。
「勉強しなさい」と殻をつつくより、普段から子どもの話に耳を傾けて、
子どもが何に興味を持っているかを知る方が、子どものやる気を高めるには役立ちます。

「碎啄の機」このタイミングを逃さないようにしたいと思います。

( ハートフルコミニュケーションマガジンvol65 菅原裕子 著より )


娘が小学校低学年の頃です。
区主催の「たんぼくらぶジュニア」という1年間を通して、
田植えから稲刈りまでを体験し学ぶ催し物に親子で参加していました。

ある日は、空き時間に田んぼで飛ばすための「凧作り」でした。まずは和紙を指定の形に切ります。
それから各自絵を描いていきます。
「好きな色のマジックで描いてくださいね」指導員の方の声がします。
ところが、娘はかたまったままちっとも動かないのです。
幼稚園生の息子はマジックペンを握りしめ、ガンガンたのしそうに描いています。

マジックは各テーブルに1セットしかないので、描き始めた子たちによりどんどんなくなっていきます。5分以上たってもまだ描く様子はありません。
「ねえ、早く描きなよ。マジックなくなっちゃうよ。」口から出そうな言葉をなんとか飲み込みました。
見ると凧一の1点を見つめています。10分以上経ったでしょうか。
突然彼女は赤いマジックペンを掴むと一心不乱に描き出し、
凧いっぱいに真っ赤な蛸を描き終えたのです。

大胆なその絵は大人しい彼女からは想像もつかないものでした。
指導員の方にも褒められ、彼女のうれしそうな顔を忘れることはできません。

「早く描きなよ」そう言ってしまっていたら、
準備ができていないのに殻をつついてしまったら、もしかしたら私は
この絵を見ることはなかったかもしれません。

いつが「機」なのか見極める。
それには、自己の価値観を捨て、ただ今目の前にある現象を見ていく、
そして「待つ」ということも必要なのかもしれませんね。


 *****6月の達人!!*******すごい!すごい!おめでとうございます!!

♪犬棒カルタ50音暗唱  まりんちゃん(年少クラス)
♪暗唱文集達人編暗唱7段達成  いさとくん(小学生クラス) 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 教室天国日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。