FC2ブログ
幼児教室オーナーの、日々の出来事や気づきを公開
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
おひさま6月号
おひさま2009年6月号 No.78


才能よりも徳のほうが大事だという意味で,勉強の点数より友達との人間関係を大切にした
私の体験談があります。

私の二男の話です。
私の二男は中学までを田舎で過ごし,高校は広島の学校に行かせました。

入学して間もなくテストがあり,寮に入っていた息子から我が家に電話がありました。

「お父さん,ぼくがテストで一番だったという噂が流れているよ」
「そんなことはないだろ。みんなは中学生のころから,その学校で学んでいるのだから。
田舎から行ったお前が一番というのはちょっと信じられないな」


その高校は,中高一貫教育をしていて,優秀な子どもがいっぱいいました。
田舎からぽっと出の中学生が,高校一年生から編入して,
実力テストで一番になったという話は少し信じ難かったのです。

「でも,そういう噂なんだ」と,息子は少し不服げでした。
「まあ,結果発表を待ってみよう」

それからまた一週間後,息子から
「お父さん,結果発表があったよ。ぼくは数学で一番。全体で二番だったよ」と電話がありました。「それはよかった」と,私は素直に喜んであげました。

ところが,それからしばらくしてのことです。
息子からまた電話がありました。

「お父さん,ぼくはこの寮にはいたくない」

「どうしていたくないんだね」

「ぼくが勉強できないように,みんなで邪魔当番を作ろうと言って,みんながちょくちょく,
ぼくの部屋に勉強の邪魔しに来るんだ。
だからぼくは寮にいたら勉強が全然できない。だから下宿させて」という話でした。

そこで私は言いました。

「お前は大きな考え違いをしているよ。
学校で一番を取るのが偉いのではないんだよ。
学校でどれだけたくさん友達を作るか。そのほがよっぽど大切なんだよ。
みんながわざわざお前の部屋に来てくれるのだから,お前は心を開いて,
喜んでみんなを迎えなさい。
そうしてみんなをお前の心からの友達にするといいよ。
そうすれば,きっとみんなが,お前を助けてくれる人たちになるよ」

息子は「わかった」と,それまでの涙声を抑えて言いました。

このときから人生観が変わったと,息子は後になって私に言いました。

息子は実際に,息子の部屋に遊びに来る寮の友達一人ひとりを,迷惑がらずに心を開いて,
大切に迎えたのです。

その結果,寮の一人ひとりが,息子の大切な友達になりました。

高校2年の秋の文化祭では,みんなで学校への出品作として,
息子を主役にした映画を作ってくれたりしたのです。
その映画が大好評で,今でも懐かしいと息子は言います。
後に息子は,みんなに推されて,寮の自治委員会長に選出されました。


才能よりも,徳を大切にすること。

人の役に立つ生き方をすることを,私は自分の子育てで実践したのです。
そのことによって,子どもにいちばん大切なものを伝えることができたのです。

                                  ( 七田式「魂の教育」 七田眞 著より )




人のすべての行動は、“愛”からくるもの、“怖れ”からくるものの、どちらかだそうです。

“愛”か“怖れ”か。

“愛”からの行動を自ら選択した時、それは、“愛”となって、自分に返ってくるのですね。

愛ある選択をしていますか?



*****表彰!!******************

♪通室3年以上  そらまるくん ゆうたくん まさとくん げんくん
♪通室4年以上  しのぶくん 
♪通室5年以上  だいちくん ゆうやくん こうきくん まさふみくん
♪通室6年以上  なおちゃん
♪通室7年以上  しんたろうくん

   通室3年・5年・7年以上のお友達にはトロフィーをお渡しします!お楽しみに!


*****5月の達人!!********すごい!すごい!おめでとうございます!!

♪国旗120カ国暗唱  さきょうくん(年少クラス)
♪一茶俳句100句暗唱  こはくくん(年少クラス) ゆうまくん(年長クラス)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 教室天国日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。