FC2ブログ
幼児教室オーナーの、日々の出来事や気づきを公開
page top
おひさま1月号 No.97
おひさま1月号 No.97

子どもが小さい時に、その子に合った記憶の仕方を模索し、記憶の回路を鍛えながら、覚えた知識を子どもの中に蓄積できるような、さまざまな体験を与えてやる工夫が必要です。
そして、同時にその記憶をしっかりと定着させる工夫を施してやらねばなりません。

そうでないとせっかく覚えたのに、そのときだけの記憶で終わってしまうからです。
そんな経験をさせてしまうと子どもは覚えることを嫌がるようになります。

そこで、記憶したことを別の角度から体験させる必要が出てきます。
続きを読む
スポンサーサイト
© 教室天国日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG