FC2ブログ
幼児教室オーナーの、日々の出来事や気づきを公開
page top
おひさま2月号
おひさま2月号No.74

ー赤ちゃんのころから鍛えておきたい、右脳の働きー

中国南北朝時代の学者、顔之推(がんしすい)は、その著「顔氏家訓」の中で、
こう書いています。

「道化発育之気其中胎胚 嬰稚識人配知喜怒(造化発育の気は、それ胎胚の中にあり、
稚にして人を識り、喜怒を配知する)」

造化発育の気とは、「子どもをどのように育てていくか、
それには万物を創りだす道理に従いなさい」という意味です。
道理は、明るさ、素直さなど、人間としての本質的なものを指しています。

それらは、胚児(三ヶ月までの胎児)・胎児のときにすでに養われ、
嬰児・稚児の時には、人を識り、喜怒哀楽の感情を身につけているものだというのです。
つまり、お母さんのお腹にいるときに、育まれたものを持っている赤ちゃんは、偉大な人物になり、
何も育まれなかった人は、人間的に浅い、つまらない人間になるということです。

続きを読む
スポンサーサイト



© 教室天国日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG