FC2ブログ
幼児教室オーナーの、日々の出来事や気づきを公開
page top
おひさま5月号
おひさま 2008年5月号No.65

生れてきた理由

自分の子としてだけで自分の子を捉えるのではなく、
自分の身近に生れた自分とは別の魂をもった人間であるという捉え方をしてみるといいでしょう。
実際、その人がわからなくなったとき、その人が何をしようとしているのか見てやると、
その苦しみの原因がわかることがあります。

このお嬢さんは、なぜあなたを母親に選び、何をしようとしてこの世に来たのか
考えてみてごらんなさい。

お父さん、お母さんとして、あなた方がお嬢さんの魂に今生でしてやれることはなんでしょうか。

その魂がどうしたらこの世でいちばん生き生きと生きていくことができ、
持って生れた使命を果たすことができるのかをともに考え、
その道を示してやることではないでしょうか。

失敗してもいいのです。
そこで、どうしたらよいか学ぶことのほうが大切なのです。

続きを読む
スポンサーサイト



© 教室天国日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG