FC2ブログ
幼児教室オーナーの、日々の出来事や気づきを公開
page top
幸せセラピー
斎藤一人さんのご著書、「幸せセラピー」のまえがきにこうあります。


「心というものは、ころころ変わるから“心”という他に、もう一つの意味があります。

それは、“ここる”ということです。

簡単にいうと、人間の心はちょっとしたことで、だんだん、だんだん心が狭くなり、“こり固まってしまう”ということです。」



斎藤一人さんによるとは、この心の“こり”を取るには、二つの方法があるそうです。


一つは、“許す”ということです。
あなたを傷つけた人を許す。すぐ傷ついてしまった自分を許す。人を許せない自分を許す。

“許す”ということは、こちんこちんになって狭くなった心を「ゆるます」ということです。


二つ目は、人と話をする。

“話す”ということは、いやなことやこり固まった心を“ときはなす”ということです。



教室の「天国言葉」にも、「許します!」が入っています。

2月10日(土)の教室天国日記、「天国言葉」
http://pulisila.blog92.fc2.com/blog-date-20070210.htmlにも書きましたが、

この「許します!」の言葉の効果がスゴイのです。


先日のことです。


レッスンが終わった2歳児クラスのR君が、待合で遊んでいたときに、お友達とおもちゃの取り合いをして、相手のお友達に(ほんの軽くですが)パシッとたたかれて、泣いてしまいました。
(「貸して!」ってお口で言えずに手が先に出てしまう年齢です)

すぐさま、お友達のお母様は、Rくんに謝って、お子さんにも謝るように言いました。


すると、Rくんのお母様は、Rくんを見て、まるでマリア様みたいな優しい笑顔で「許します。許します。」と言ったのです。


すると、泣いてたRくんは、ニッコリ笑ったのです。


そのときのRくんのいい笑顔!ぎゅって抱きしめたくなるくらいいいお顔でした。



教室が温か~い空気に包まれたように感じました。


お友達もちゃんと「ごめんね」が言えて(今度は「貸して」って言えるよ!)、また仲良く遊びはじめたのでした。




Rくんのお母様は、「天国言葉」を日常的にも使ってくださっていますね。

他のお母様も同様で、


「“許します!”の言葉がとってもいいの。イライラやガミガミがなくなってきました。
この言葉のおかげで、自分が癒され、楽になりました。」

という声をたくさんいただいています。


“言霊パワー”の威力をひしひしと感じています。



斎藤一人さんは、さらに、

「人と話をする時は、正しいか正しくないかを判断するのではなく、相手の心がときはなされて、明るく広くなるような話をするように、心がけたいものです。」

と、続けています。


この“言霊パワー”を、おこさんを含めた人との会話の中にも、生かして行きたいですね。

スポンサーサイト
page top
七田眞校長先生が「今一番伝えたいこと」


母親勉強会を開催します!



テーマ: 「七田眞校長先生が、今一番伝えたいこと」


日時: 3月12日() AM10:00~12:00


場所: 七田チャイルドアカデミー金町教室内(託児は


    ありません)


講師: 七田チャイルドアカデミー東京本部


    本部長代理 岡本圭一先生


  


 


2月21日()の教室のブログ(うさぎさんからの手紙) http://pulisila.blog92.fc2.com/blog-date-20070221.html


はお読みになっていただきましたか?


その日記に登場する、“うさぎさん”こと、七田チャイルドアカデミー東京本部長代理 岡本圭一先生が、“七田眞校長先生が今一番伝えたいこと”として、校長先生に代わりあなたにお届けいたします。


七田眞校長先生の最新のお話を聴けるチャンス!!です


お申し込みは、教室まで!


 

page top
うさぎさんからの手紙

お友達のうさぎさんからみなさんへお手紙が届きました。



 *************


 


今月からスタートしました「幸せな子育てのヒント」は、もうお読みいただきましたか?


(夢っ子ひろば 1・2月号に掲載)


 


このコラムを寄稿してくださっている野口嘉則先生は、ご存知のかたも多いかと思いますが、80万部の大ベストセラー、「鏡の法則」の著者であり、人気ブログNo、1のプロコーチでいらっしゃいます。


 


私はナビゲーターのうさぎです。


これから「子育てのヒント」を頼りに、皆さんと「幸せ」探しをご一緒させていただきます。よろしくお願いいたします。


 


さて、今回のコラムでは「自分自身を受け入れて生きる」とヒントをいただきました。


 


・・・()


とても興味深く、初回なのにすごいテーマから始まるのねぇ、とびっくりしました。


 


ところで、「あなたは、この言葉に触れて、どのように感じましたか?」


 


 


さらに野口先生は、『自己受容ができるようになればなるほど、他人を受け入れることもできるようになります。』『逆に、自分のことを受け入れられない人は、すぐに他人と自分を比較してしまいます。』とおっしゃっています。


 


そして、『子どもが自己受容できるようになるためには、(中略)親が子どものありのままを受け入れて育てることです。』


短所を指摘するのではなく、『「そのままのあなたを愛しているよ」というメッセージを、繰り返し子どもに伝えていけたら、「受け入れられている」という安心感の中で、子どもの心が育ちます。』と続けられています。


 


 


・・・()


つまり、まず親が子どもに「受け入れているよ」というメッセージを伝え、「安心感」を与える。


そうすると「自分自身を受け入れて生きることができる」子どもが育つ、という訳なんですね。


 


でも、その前に、「子どもを受け入れる」ためには、私たち親が、まず「自己受容」できてなければ、受け入れられないって訳ですね。


 


・・・(シーン)


 


 


まず自分からなんですね・・・。


 


 


 


うさぎも「自己受容」できるよう、自分の良いところを見て、もっと自分を大好きになることからはじめてみます。


 


今月はここまで!


またお会いしましょう!




      *******************




うさぎさんからの手紙はいかがでしたか?



「自己受容」・・最近の自分のテーマでもあります。



人は自分のまるごとを受け入れられたとき、人に対して優しくなれるのですね。



続きを読む
page top
テレビの効果


「ズームイン!!SUPER」にご出演されたお子様のお母様からのお話です。


 その方は、遠路はるばる私どもの教室までお通いくださっています。(ありがたいことです。感謝)


その方のお住まいの地域には、最近、新聞ざたになった事件があって、ご近所さま一同、暗い気持ちがただよっていらしたそうです。


今回のテレビ出演にあたり、お母様はご近所中に「見てね!」とメールされました。


それを受けてテレビをご覧になったかたが、言われたそうです。


 「暗いニュースが近くであって、めいってたけど、テレビでの、子どもたちの頑張っている姿を見て、感動したよ。」


 そして、お子さんが通う保育園の所長さん(全4回を見てくださったそうです)からも、


 「見たよ、見た。あんなに立派になってたんだね。」・・・と。


 それを語るお母様はとてもうれしそうでした。


 そうですよね。子どもたちの真摯で前向きに頑張る姿には、そして日々の子どもたちの成長する姿には、感動がありますよね。



暗いニュースや想いも吹き飛ばす、子どもの成長パワー!!



なんてすごいんでしょう!


今日もまたひとつ、子どもたちに教えられました。


 

page top
明日に延期になりました

先ほど、TV局から、お電話がありました。


「ズームイン!!SUPER」のテレビ放映は、TV局の都合で、明日に延期になりました。


明日、2月16日(金)の朝7:30~7:50頃の放送予定です


TVの前で、楽しみに待っていただいていた皆さま、大変申し訳ありませんでした。


お楽しみは、明日朝まで・・もうちょっと待っててくださいね。



 

page top
次回の放映日は・・

日本TV「ズームイン!!SUPER」、4回目のTV放映は、2月15日(木)、朝7:30~7:50ころの予定です!


 金曜日の年長さん、年少さんクラスのお子さまたちがご出演されます!


 みなさんご覧になってくださいね。

page top
あなたがあなたである確率は・・
20070212115226.jpg



あなたがあなたである確率は・・



それは、250兆分の1


先日、TVで「世界びっくり映像Q」という番組の中でやっていましたね。

卵子はすでに、胎児の時からあり、その数は100~200万個になるそうです。
新生児の時には、40~80万個、成人では1万6000個と減らし、より元気な卵子を選別していくのです。

そして、月に1回、選ばれた1つの選ばれた卵子が、他の卵子に守られながら、排卵されます。

放出時数億で始まったレースもどんどん数を減らし、女性の体が用意した数々の難関を乗り越えたものだけが残り、目的地にたどり着く精子は200~300個。

さらに、1番で卵子に突入したしたものだけが、受精、すなわち卵子と交わることができる。残りのものたちは死んでしまうのです。

生涯に生まれる精子の数は1兆(「Yの真実」スティーブ・ジョーンズ著 の本では2兆、となっている。そして、著者は、“勇敢な挑戦者たち”と呼んでいる)。

それを待ち受ける卵子の数は約500個。




1組の男女が二人の子どもを持つ、とすると・・・

1兆×500分の2
   ↓
500兆分の2

    
すなわち、あなたがあなたとして存在している確率は、250兆分の1である。




先に出会ったのが違う精子だったら、もちろん今の自分ではないわけです。


実際、卵子の寿命は排卵されてから24時間。精子も2~3日しか生きられない。

ということからしても、私たちはものすごい確率の中での出会いを経て、誕生している。



そう考えると、今ここに自分が存在しているのは奇跡的なこと。そんな中で、出会う人たちもなんて奇跡なことなのでしょうね。



それが、“親子”、として出会えるなんて。
“兄弟”・“家族”として出会えるなんて。


あたりまえのようにいてくれる人たちにこそ、感謝をしないと、と思います。



そして、ご縁あって自分が出会うことのできた人たちには、せめて“あなたと会えてよかった”と思われる人でありたい。

・・・そんなふうに思います。



page top
天国言葉
20070210205913.jpg 20070210205936.jpg


教室のレッスンルームには、「天国言葉」が掲示してあり、毎回レッスンの前に、お母様や子どもたちと一緒に唱えています。

「天国言葉」という名前は、斎藤一人さんが、ご著書「地球が天国になる話」の中で使われていらしたものです。

「教室天国」は、私たちのコンセプトです。お母様やお子さんたちにとって天国のような教室で在りたい、そこでの言葉という意味で、使わせていただいています。

教室の「天国言葉」は5つ
   * 「ありがとう!」感謝の言葉
   * 「うれしい!」 喜びの言葉
   * 「大好き!」  愛の言葉
   * 「素敵ね!」  ほめる言葉
   * 「許します!」 受け入れる言葉

上から4つは、どなたかの本に載っていたものです。(著者の方、本の題名がわからなくなってしまいました。ご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひご連絡をお願いします)

そこに、最後の「許します!」を入れて教室の「天国言葉」としました。

この「許します!」は、実はお母様用です。

生まれたときは存在そのものが愛しかったわが子も、だんだん大きくなってくると、思うようにならずに、怒ってしまったり、時にはひどいことを言ってしまって自己嫌悪になってしまったりしまいがちですね。(かける言葉のほとんどが、命令・禁止・脅迫語、といわれています)

教室にお通いのお母様たちは、意識も高く、マイナス言葉の弊害も学ばれていますので、そういうことは少ないのですが、それでもご本人が疲れていたりストレスが高いようなときには、わかってはいてもつい、ということは実際みなさんあるのです。

でも、そういうときがあっても大丈夫ですよ。

時には間違ってしまうこともあります。人間なのですから。


そんなときは、「許します!」と自分を許してあげましょう。そんな自分を「よしよし、いっぱいっぱいだったんだね」と受け入れてあげましょう。

「許します!」はマイナスの思いでいる自分に気づいてもらうためです。気づいたら直すことができますね。

しっかり、自分を受け入れられたら、にっこり笑ってお子さんをしっかり抱きしめて、目をみつめて謝り、心からの愛をIメッセージで伝えましょう。


お子さんは、学びを与えてくれています。そんなお母さんを受け入れられる、器の大きな、高貴な魂を持った存在なのです。





続きを読む
page top
BIGなお客様

20070207231505.jpg

20070207234010.jpg



1月26日(金)の午後、
日本TV朝番組「ズームイン!!SUPER」の出演依頼があって、ズーミンが教室にやってきました



ズーミン・・・

これがまた、思ってた以上にBIGな方でした


メタボリック?な胴回りのうえに、おしりにはしっかり恐竜のようなシッポまでついていますのよ

ズーミンが横を向いたとき後ろにいたら、その恐竜シッポでバシッと吹き飛ばされたほどです(結構痛いのよ)


案の定、レッスンルームの入り口から入れなくて、待合で、レッスン風景の撮影となりました



番組担当者に指図されるまま、3カット(フラッシュカード・タングラムパズル・詩の朗読)を撮影して、なんとか終了


それでも、教室の子供たちは、ズーミンと一緒で大喜びでした

お母様たちも(どちらかというとお母様たちのほうが?)、大興奮で、我が子たちを見守っていました



最後に、みんなで、「ズームイン!!」と、写真を撮り、撮影終了です



お土産に、ズーミンのマスコット付ボールペンやキーホルダーなどをいただいて、喜んで帰っていただけました

いろいろてんてこ舞いだったけれど、喜んでいただけて、本当に良かったです




実際の1回目のTV放映は、2月1日(木)の朝、7時40分ごろでした

10秒の放映でしたが、子どもたちみんないい顔で映ってました
協力してくれて、みんなありがとうね



撮影決定が直前だったのと、時間指定だったため、今回は金曜日の年長さんと年少さんクラスのお子さんたちに、撮影をお願いいたしました

喜んで引き受けてくださったお母様たち、そしてズーミンとの時間を思う存分楽しんでくれたお子さんたち 

ありがとうございました!! 
良い思いでになっていただければ幸いです


いろいろドタバタでしたが、結果的にとても楽しかったですし、良かったです

このご縁にも感謝いたします





おまけ・・

ズーミンは子供たちの前では、着ぐるみを脱ぎません
だから、教室にやってきたときも、車から降りて、そのまま歩いてきたんです

街のみなさんは、ビックリ!だったことでしょうね


続きを読む
page top
おひさま2月号
おひさま  2007年 2月号 No.50

ー― 心ぽかぽか教室だより ――


 ある不登校の女の子が、家を出て学校に行ったふりをしながら、実際には公園でベンチに座って時間をつぶしていたそうです。

 そして、日がな一日彼女は小さな菜園を耕しているおじさんを、ぼんやり眺めていました。


続きを読む
© 教室天国日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG