FC2ブログ
幼児教室オーナーの、日々の出来事や気づきを公開
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
おひさま9月号
おひさま9月号N0.189

(中略)しかしとりわけ1980年代以降は、都市部ばかりでなく地方においてもそういう支えがほとんどなくなってきていて、地域自体が単なる偶然にその場に住んでいる人たちの集合体になっています。

同じ地域から学校に通って来ていると言っても、先生方は今でもついつい「クラスは運命共同体だ」というような発想になりがちなのだけれども、子どもたちは単なる偶然的な関係の集まりだとしか感じてない場合が多いのです。

こうした状況の中で、クラスで本当に「こいつは信頼できるな」とか、「この子といると楽しいな」という、気の合う仲間とか親友というものと出会えるということがあれば、それはじつは、すごくラッキーなことなのです。

そういう友達を作ったり出会えたりすることは当然なのではなくて、「とてもラッキーなこと」だと思っていたほうが良いことは多いような気がします。

続きを読む
スポンサーサイト
page top
おひさま8月号
おひさま8月号No.188

自分にたくさんの「奇跡」を起こすために、幸運を引き寄せるために、ある種の信仰心が必要だと思っている。

自分のまわりにある小さな喜びをたくさん見つけて、たくさん感動して、そしてたくさん感謝する。
夢や理想を自分だけの利益にしないで、多くの人に喜んでもらえることを目標にして描く。

いつも笑顔。
つらいときほど笑顔でいる。

そして、神様と一緒にいる。
いつも近くに神様を感じながら、本当の答えを自分の中にみつけていく。

一生懸命に、あきらめないで、魂を磨こう。私たちの中にある原石を、大切に磨いていこう。

続きを読む
page top
おひさま7月号
おひさま7月号No.187


=良い言葉は幸せを呼び込む=

―口でわかる運勢と気質―
人相では、顔の中で大切な部分として、口があげられます。
口は、その人の生命力をあらわし、口を含めた下あご全体が家庭運をあらわしていて、安定した生活を送ることができるかがわかります。
どんな口をしているのかで、どんな人生を送れるのかが決まってきます。
他のパーツに比べて、口は変化しますから、最も変えやすい部分でもあります。

―良い口になるためには良い言葉を使うことー
良い口をつくるためには、ズバリ、“良い言葉を使う”こと。自分から出る言葉を丁寧に使う。それだけで人生が一気に良くなります。
しかし、これが案外簡単そうでできません。あなたは、思ったことをすぐ口にしまっていませんか、一度出てしまった言葉は取り返しがつきません。
良い言葉だけがあなたの口から出てくるようになったときに口の形は変わります。運命も好転していきます、そのために、3週間、良い言葉を言う習慣、良い言葉の口グセをつけるように努力してみましょう。3週間それを続けることができれば、もうあなたは違うあなたになっているはずです。

続きを読む
page top
おひさま6月号
おひさま6月号No.186

「女性性」というのを、「女らしさ」と思ってるかもしれませんが、千鶴さんは、女性性を「目に見えない土台になるもの」男性性を「目に見える結果となるもの」と定義しています。
男性性は、仕事の結果とか、競争とか、対外的な活動とか、「目に見えるもの」。 
 
なので、今の女性はそちらをガンバってしまうのですが、そうすると、どんどん疲弊してしまうんですよね。

続きを読む
page top
おひさま5月号
おひさま5月号No.185

―幸せを実感できる子どもの育て方ー

親子間のコミニュケーションの中で、子どもに本を読んであげることはとても大事なことの一つです。
読んであげる本を毎回新しいものにする必要はありません。
それよりも同じ本を繰り返し読んであげたほうが、子どもはストーリーを思い出しながら理解度を上げてくれます。
また、繰り返すことによって、物語の内容だけでなく、以前に読んでもらったときの情景も思い出すので、記憶の呼び起こしにもなります。
続きを読む
© 教室天国日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。